前へ
次へ

豆乳を飽きずに美味しく飲むには

豆乳にはイソフラボンという成分が豊富に含まれていて、美容のためには毎日飲みたい食品です。
しかし豆乳の味が苦手、という人も多いようです。
苦手な人はまずは無調整ではなく、調整豆乳から始めるといいでしょう。
調整豆乳は豆くささが少ないですが、それでも大豆の風味が強いです。
これが飲みにくい場合にはコーヒーなどで味を変えるといいでしょう。
小学生の時の給食で、牛乳にコーヒー味の粉末を入れてコーヒー牛乳にする製品がありましたが、そういったものを利用するのもおススメです。
それだと糖質が多いので、自分でインスタントコーヒーやカロリーオフの甘味料で作っても美味しいです。
また、抹茶の粉、ほうじ茶の粉なども売っているのでそれらを利用するといろいろなソイラテにもできます。
もっと甘いものが好きなら、バナナやリンゴなどとミキサーにかけてミックスジュースにするのもいいでしょう。
豆乳の味も気にならなくなりますし、他の栄養素も豊富に摂れます。

Page Top